ブログトップ

あるちゅはいま日記

hanaha09.exblog.jp

夏の花が咲きだした

関東甲信越地方には梅雨明け宣言がなされた。
まあこの宣言、あんまりあてにはならないのだが...
梅雨明けにはこのあたりは大雨、雷が鳴る。
今年はまだ、梅雨明けのような雷が鳴らない。
雨が少なかった、雨が降っても肌寒かった、薪ストーブも焚いた。
こんな楽な梅雨は無い。
庭には夏の花が咲きだした。
イブキジャコウソウの花が咲いた。
b0126549_20283939.jpg
この植物、じゃ香の香りがする、匂いは独特で遠くでかぐと、芳香性。
じゃ香とは何か?
雄のジャコウジカの腹部にある香嚢(ジャコウ腺)から得られる分泌物を乾燥した香料、生薬の一種、ムスクと呼ばれる。
ムスクとはサンスクリット語で睾丸の事。
薬理作用は少量なら興奮作用。
循環器系に対し、心機能亢進作用 (強心作用) 。
アドレナリンβ効果増強作用。
子宮興奮作用、抗菌・抗炎症作用。
ムスクは精力剤や媚薬としても用いられてきた。
ムスクの香水は鹿どころか人間さままでその気にさせる。

歳のせいか、ただの偽物の香りのせいか、まったくその気にならないイブキジャコウソウの香りだ。












[PR]
by hanaha09 | 2018-06-29 20:45 | 田舎暮らし | Comments(0)
<< 梅雨明け 枕木の話 >>