ブログトップ

あるちゅはいま日記

hanaha09.exblog.jp

今年もモリーユ茸

b0126549_16270729.jpg
今年もモリーユ茸が出てきた。
このきのこ、不思議なもので毎年違う場所に出る。
フランスなどでは高級食材として貴重なキノコになるらしい。
グラタンやシチューなどによく使われる、バターや生クリームと相性が良いそうだ。
旨いのだそうだ。
しかし、このキノコにはなんとヒドラジンを含むのだそうだ。
ヒドラジンと言えば北朝鮮のテポドンの燃料だ。
これは劇薬の一種、致死量は経口投与で体重1kgあたり300mg以下。
沸点が114℃なのでこのあたりの沸騰するお湯で湯がいたのでは飛んでしまわない、油いためが必要だ。
また、適正に調理されたものもアルコールと共に食べると悪心、嘔吐の症状の原因ともなるようだ。
アルコールを採らなくても大量に食べるとめまい・ふらつき・縮瞳症状をきたすこともあるらしい。
ということで...
今年も食べる勇気はなかった、高級食材だ。





[PR]
by hanaha09 | 2018-06-03 16:52 | 田舎暮らし | Comments(0)
<< しょうぶとヨモギの昔話 自然の力は凄い >>