ブログトップ

あるちゅはいま日記

hanaha09.exblog.jp

ロクを磨く

人間が持っている五感、視る、聴く、嗅ぐ、味わう、触る、これを磨くことによって外界からの信号を豊かに取り入れることができる。
これに続くのが第六感、物事の本質を掴む心の働きのことを指しているのだ。
よく似た言葉で表すと、インスピレーション、勘、直感、霊感、などがある。

江戸時代の人は、老後を楽しみに生きていた。
家業を譲り渡した後は好きなように生きていい、「楽隠居」だった。
b0126549_18241089.jpg

旦那が引退すれば、妻も、しゃもじを嫁に渡す。
「楽隠居」は妻にとっても黄金期。
だが、遊び暮らすだけではつまらない。
隠居後の男も女も“ロクを磨く”ことに熱中した。
ロクとは五感を越えた感。
稽古事などで感性を磨くだけでなく、豊富な人生経験をさらに成熟させて、若い人の知恵袋と言った存在になることも含まれていた。
隠居後から「好きな事」を始め、後世に残る偉業を成し遂げたのは、伊能忠敬。
b0126549_18244727.jpg

養子の忠敬は17歳の頃より家業の酒造業の立て直しにまい進した。
立て直しに成功したのちの49才で家業を長男に譲り、天文学の勉強を始めた。
そして、忠敬は55才で日本全図の作成を目指して歩き出し、全ての測量を終えたのは71才の時。
その間に踏破した距離は地球1周分。
忠の老後に没頭した趣味が世界も驚く『大日本沿海輿地全図』になった。
こんな人生送ってみたい...
が、もう遅し。
[PR]
# by hanaha09 | 2017-11-04 18:26 | 田舎暮らし | Comments(0)

もりとかけ

蕎麦の歴史は古い。
高知県内で9000年以上前の縄文時代の遺跡からソバの花粉が見つかった。
797年に完成した史書『続日本紀』には、「今年の夏は雨がなく、田からとれるものがみのらず、(中略)蕎麦及び小麦を植えしめ、たくわえおき、もって救荒に備えしむべし」とある。
しかし、16世紀頃までは「そば」は麺ではなかった。
そば粉を湯でこねて餅状にした「そばがき」や「そばもち」、もしくは蕎麦米そのままであった。
現在のような麺である「そば切り」の発祥地が次のように伝えられている。
1574(天正2)年にしたためられた「定勝寺文書」の中で、「ソハキリ」(そば切り)の文字がある。
 「徳利一ツ、ソハフクロ一ツ 千淡内」「振舞ソハキリ 金永」
当初は十割蕎麦、蕎麦が切れ切れとなるので蒸籠に入れて蒸した。
これが蒸籠蕎麦。
蕎麦が流行り始めて幕府に値上げを申請したがあえなく却下、考えたのが蒸籠を底上げして蕎麦を山盛りに見せかけた「盛り蒸籠」。
そして、江戸時代は寛政年間の頃、そば粉に“つなぎ”としての小麦粉を混ぜるそばの製法が出てきた、ニ八蕎麦の誕生。
蕎麦は湯がいて、冷水でさらして冷たい盛り蕎麦になった。
b0126549_18152085.jpg

その内、つけ汁のつゆに貴重品の砂糖が使われ、それを区別するためにザルに盛った「ざる蕎麦」が登場。
元禄の頃、せっかちな江戸っ子の荷運び人夫などが、つけ汁が別になった「盛り蕎麦」が面倒くさいとそばに汁をかけて食べるようになった、これが掛けそばの始まり。
当初は冷たい「ぶっかけ蕎麦」、冬になると寒いので暖かい汁を掛けた今の「かけ蕎麦」となった。
b0126549_18154923.jpg

器が一つで済む、温かい、女性にも人気で、あっという間に広がった。
月見そば等々、最近では話題の「緑のたぬき」の登場を迎えることになる。
蕎麦の歴史でいえば、”もりかけ”問題は誠に明快に語られている。
魑魅魍魎の政界のような話ではなかった。
[PR]
# by hanaha09 | 2017-11-03 18:46 | 田舎暮らし | Comments(0)

江戸時代のボージョレーヌーボー

お米の収穫がどんどん進む。
日本酒の仕込みも始まり、11月には新酒も出そろってくる。
当時の江戸では 灘・伊丹・伏見などの上方から江戸へ下ってくる日本酒が好まれた。
初鰹と共にこの下りものの新酒が粋な江戸っ子に大変に珍重された。
b0126549_221359100.jpg

その年の新酒を樽に詰めて載せた廻船問屋の樽廻船が浪速を一斉に出帆、江戸への一番乗りを競う番船競争が繰り広げられた。
味は未熟だが香りの高い新酒を高値でもいいから手に入れようとする江戸っ子気質がよく見える行事であった。
b0126549_22123335.jpg

参加船数は十五隻前後。
大行司役が、ルール違反がないかと荷積量などを綿密に点検し、安全を祈る出発の儀式を行なった後、大行司役の旗を合図に一斉に出帆した。
優勝した船には各方面から多大の祝儀があり、乗組員には高額の特別手当が支給された。
寛政二年(1790)十一月六日に西宮から出帆した一番船がなんと五日後に品川へ到着。
普段の廻船が要する十~十五日をはるかに上回る速さだ。
江戸のボージョレーヌーボー騒動だ。
[PR]
# by hanaha09 | 2017-11-02 22:16 | 田舎暮らし | Comments(0)

紅葉も最終章

b0126549_18195653.jpg
浅間高原の秋はあっという間に通り過ぎる。
紅葉は真っ赤なツタウルシ・山ウルシに始まり次にヤマザクラ、真っ黄色のウリハダカエデ、赤と橙色グラデーションのヤマモミジ、そして赤やら黄色のコナラ・ミズナラ、最後はカラマツ黄葉で終わるのが一般的。
今は最終章のコナラが山一杯を黄色に変える。
b0126549_1825421.jpg
赤い実はチョウセンゴミシだ。
屋根には枯葉がいっぱい。
今朝は霜バシラ、あたり一面白くなった。
シイタケの榾木に残っていた巨大シイタケは冷凍シイタケになっていた。
今年はストーブの煙突掃除もしないままで冬に突入だ。
一年が終わるのももうすぐ、早いねぇ。
[PR]
# by hanaha09 | 2017-11-01 18:30 | 田舎暮らし | Comments(0)

又やってきたハロウィン

年寄りにはなかなか理解できないお祭りハロウィン。
10月31日がその日だ。
もともとは日本のお盆のようなもので、はるか2,000年も前のケルト人の秋の収穫を祝い、亡くなった家族や知人たちを偲ぶ宗教行事なのだそうだ。
やがてキリスト教に取り入れられ、またイベント好きのアメリカ人によって盛んになった。
それが商業主義の一躍を担うように日本にも上陸したようだ。
このきっかけはどうも東京ディズニーランドが始めた仮想パレードにあるらしい。
いまや東京渋谷ではコスプレ祭りと化してるみたいだ。
b0126549_17542361.jpg
海外の人たちは、「これが日本のハロウィンなの?普段の日本なの?一度は行ってみたい..」
日本人たちは、「ハロウィンだからと仮装をするまでは良いのだが、いい大人が子供もほったらかしで目的も無く渋谷を徘徊、警察が出動するほど騒ぎ、ごみを巻き散らかして帰るのは一体どういうことなんだ!!」
私から言わすと、「カボチャに穴を開けて何が面白い、カボチャは食べるものだ、使った後は煮つけに!!」
[PR]
# by hanaha09 | 2017-10-31 18:15 | 田舎暮らし | Comments(0)

台風が過ぎたら雪

普通は台風が過ぎ去れば秋の青空、稲穂の黄金色がきらりと光る。
と、思ってたたのだが。。。
今年は台風が過ぎると雪が降った。
b0126549_20244896.jpg
日本百名山、草津白根山の本白根山はうっすら雪化粧、浅間山は雲の中でよくわからない。
きっと、同じだろう。
昨夜遅くには雪がちらほらの話も聞くが、今日の午後はアラレがちらほら。
気温は3℃になってしまった。
明日の朝は積雪の心配、日が暮れてからスノータイヤに履き替え作業。
ほのかな懐中電灯の明かりを頼りに車2台分、手間取って終わるともう7時。
寒いねぇ。
日本酒をお燗で飲んじゃった、この冬始めて。
[PR]
# by hanaha09 | 2017-10-30 20:33 | 田舎暮らし | Comments(0)

石山鉱山

もう嬬恋村に帰ってきたが、まだまだ男鹿の話。
b0126549_17511335.jpg
男鹿温泉は少し高台にある。
海岸に向けて下り坂になる。
その坂には入口を固く閉ざしたバー・クラブ立ち並ぶ、昔の栄華が目に浮かぶ。
この坂をほんの少し行くと岩を削ったような細い道がある。
b0126549_1755990.jpg
「鬼の隠れ道」との看板がある。
b0126549_1759281.jpg

両側の岩は何段にも重なり合った層となり、この岩は手で触っても崩れるような岩だ。
これは石灰岩なのだそうだ。
実は高台から男鹿温泉の湯が流れ出て冷えた際に溶出した石灰岩が堆積した、いわゆる「湯の華」なのだそうだ。
この石灰岩を明治から大正にかけて露天掘したのが「石山鉱山」。
この「鬼の隠れ道」は採掘した石灰岩を港まで運んだトロッコ道だった。
海岸にもこんな石がいっぱい、ぼろぼろ割れる石灰岩だ。
b0126549_18364079.jpg

この石灰岩は金や銀の精錬の際に使われたそうだ、佐渡へ佐渡へと運ばれたのだろうか?
そして、時代は移り下り坂に続く露天の採掘跡が昭和30年代の観光ブームと共に大温泉郷と形を変えた。
平成も30年たち時代ももうすぐ変わる、ネオン街の跡はどう変わっていくのだろうか。
[PR]
# by hanaha09 | 2017-10-29 18:47 | 田舎暮らし | Comments(0)

男鹿はナマハゲ

男鹿はどこへ行ってもナマハゲ、いたるところに出て来る。
b0126549_10414661.jpg
岡本太郎が甚く気に入ったというナマハゲ。
まさに太陽の塔の面影だ。
そして、男鹿真山伝承館に出たナマハゲ。
b0126549_10481061.jpg
「悪い子はいねがー」「泣ぐコはいねがー」と障子、板戸を激しく打ち鳴らしながらやってくる。
この真山ナマハゲの頭にはツノが無い、包丁も棒も御幣も持ってこない。
男鹿の各地区でそれぞれ伝統が引き継がれている。
これは自撮りのナマハゲ。
b0126549_10502852.jpg
赤は男ジジナマハゲ。
ナマハゲの発祥では無いかと言われる5匹の鬼が一晩で千段の石の階段を積み上げたとされる五社堂の前にもナマハゲ。
b0126549_11293456.jpg

ちょっと前には旅館の女風呂にも出てきてひんしゅくをかったそうだ。
このナマハゲ、もともとはナモミハギといった。
ナモミとは囲炉裏などに長くあたっているとできる低温やけど、これをはぎ取って懲らしめる、つまり仕事もせずに囲炉裏の前でぐうたら過ごすなまけものを懲らしめるのがナマハゲとなった。
子どもを脅かすだけではない、大人たちへの戒めなんだ。
江戸時代に盛んになったと言われるがちょうど百姓たちへの勤勉を説いたものに違いない。
ナマハゲに応対する家長の役割を家族たちの前で示す一つの場面でもあるようだ。
そして、鬼たちは山からやってくる神様だ、自然によってなされる凶、不況、これをひたすら神のご加護で乗り越えようとの願いだ。
このナマハゲ役、ただ者がその役を任されるわけでは無い。
神社によって認められたものだけがナマハゲ役を果たせることとなる。
まず独身の男であること、童貞であること、汚れの無いことが求められる。
ところが最近ではなかなか適役者が居ない、おまけにナマハゲは各家庭でお酒をごちそうにならなければならない、酔っ払って倒れるとナマハゲではなくなる。
その役はついつい年配者に回ってくるのが最近の事情だそうだ。
大みそかの日、各集落5~60軒、だいたい10軒ぐらい回ると酔っ払って体力消耗、ナマハゲ役の交代となるのだそうだ。
ナマハゲが暴れた家の中には、衣装のわらが散乱する。
お正月まではこの落ちたわらをそのままに、中には子供の頭に巻いたりする。
神がもたらしてくれる守護符なのだ。
[PR]
# by hanaha09 | 2017-10-28 11:40 | 田舎暮らし | Comments(0)

この温泉はなんだ?

2日目の男鹿温泉は別の旅館だった。
秘湯を守る会のチョウチンが。
洗い場で頭を洗ってるとシュパシュパシュパと湯船が騒ぎ出してビックリした。
ナマハゲから大砲の様な筒が湯船に突き出している。
b0126549_06155991.jpg
そこから温泉がさっきの音と共に噴き出しているのだ。
すごいのがこの方向の湯船の端には、温泉成分の石灰が堆積している。
鍾乳洞と一緒だ。
ここの源泉は、湯船から2ー30m下にある。
そしてこの温泉配管の切れ端が飾ってあった。
b0126549_06223416.jpg
石灰で詰まってる。
おそらくポンプが使えないんだ。
エアリフトを使っているに違いない。
源泉温度は52度、塩分の多い、カルシウムの多いナマハゲ温泉だった。

[PR]
# by hanaha09 | 2017-10-27 06:08 | 田舎暮らし | Comments(0)

男鹿温泉にやって来た。

b0126549_07045931.jpg
遠いねぇ。
男鹿温泉の夜明けだ。
温泉はちょっとエメラルド色、このあたりは火山活動が活発だとのことだったが特有の匂いはしなかった。
泊まったところは一昔前の温泉旅館。
シャンデリア付きの宴会場にカラオケやらマッサージ、今時はどうなのかなぁ。
このあたりはなまはげ一色、朝飯の納豆までなまはげ印。
なまはげ伝道師なんてのも募集してた。
あとは季節もよいのだろう、ハタハタが必ず食事に。
美味しいのだがちょっとやりすぎ。
まあ、たのしい東北旅行だ。





[PR]
# by hanaha09 | 2017-10-26 07:23 | Comments(0)