ブログトップ

あるちゅはいま日記

hanaha09.exblog.jp

鎌原城址のニホンカモシカ

鎌原城は1397年に築かれた。
平安時代末期の事、嬬恋村一体は天仁元年(1108年)の浅間山で噴火で壊滅状態だった。
そこへ滋野一族の海野氏の末裔、海野幸房が戦乱を避けるようにやってきた。
刀槍を捨て下屋将監と改名、修験道を唱え三原の庄一帯(今の嬬恋村一帯)の荒れた土地を開墾していった。
開墾した土地は一族に分け与え、その地の統治を任した。
将監の孫五学坊の弟幸兼が鎌原に居を構えて鎌原氏の祖となった。
その後、鎌原氏は着実に勢力を拡げ、室町時代のはじめごろになると三原庄の地頭となって、吾妻郡西部における第一の豪族に成長した。
戦国時代を迎え、吾妻路は武田、上杉そして北条各氏の草刈り場となった。
幾多の戦いを経て、武田軍勢の真田氏についた鎌原氏は武田一族を背景に吾妻路制覇の第一線となって活躍した。
江戸時代に入り、吾妻路一帯を支配した沼田藩の主となった真田信行の元、鎌原氏は筆頭家老職を務めた。
一方、鎌原城は一国一城令により1615年、廃城となった。
しかし、天和元年(1681年)に沼田藩真田氏の悪政により幕府より改易を申し付けられた。
仕える主を失った鎌原氏はその後は嬬恋村大笹の関所守として幕末を迎えた。
b0126549_2023455.jpg
真ん中の奥にいるのがニホンカモシカだ。
栄枯衰勢を眉間に刻み込んだ鎌原城主のようなたたずまいだった。
[PR]
# by hanaha09 | 2017-11-10 20:07 | 田舎暮らし | Comments(0)

菅江真澄の見た浅間山

江戸時代後期の紀行家で、日本の民俗学の祖といわれているのが菅江真澄。
b0126549_191434.jpg

江戸時代の宝暦(ほうれき)4年(1754)に三河国に生まれ、国学や本草学を学んだ後、 1783年(天明3年)30歳の時に長野に向けて旅立った。
その後、新潟、山形、秋田、青森、岩手、宮城、北海道を巡り、1803年(亨和元年)48歳の時に、再び秋田に入り、その後28年間を秋田で過ごしたのだそうだ。
特に男鹿半島には三度ほど訪れ、男鹿の人々の生活を絵と文で克明に記録した日記、図絵集を残した。
菅江真澄は天明3年7月(旧暦)、中仙道洗場宿近くの長興寺に投宿し、近辺の遊覧を行っていた。
7月8日はちょうど天明の浅間山大噴火の日だった。
「7月8日 夜半から例の音が響くので、起きだしてそのほうを眺めやると、昨日よりもまして重なる山々を越え、夏雲の空高くわきあがるように煙がのぼり、描こうとしても筆も及ぶまいと、みな賞でて眺めたが、その付近には小石や大岩を空のかなたまでふきとばし、風につれて四方に降りそそぐので、これに打たれた家は、うつばり(梁)までもこわされたり、埋められたり、逃げだす途中、命を失った人はどれほどか、数も知れないほどだと、やって来る人ごとに話しあった。浅間山の煙は富士とともに賞賛されるのが常だが、このたびの噴火は例のないことだとさわがれた。昼ごろから、いよいよ勢いを増して、雷のごとく、地震のゆさぶるように山や谷に響きわたり、棚の徳利、小鉢などは揺れ落ち、壁は崩れ、戸障子もはずれて、家のかたむく村もあるという。このあたりは高い山里なので、鳴り響く音もひどくはないが、低いところほど、とくに音が高く響いたであろう」と大事件に巡り合わせたことが「菅江真澄遊覧記」にある。
b0126549_1852417.jpg
翌日には江戸において早くも瓦版が配られている。
その後伝えられた状況を1日ごとに新しい版が重ねられている。
江戸幕府をも揺るがす大事件であった。
この菅江真澄、若いころから故郷を捨て旅に出た、その間に名前をたびたび変えているのだそうだ。
も一つの謎が死ぬまで頭巾を外さなかったとか、ないかと謎の多い紀行家である。
男鹿半島にもこんな足跡を残していた。
b0126549_1953192.jpg
ここの宿では菅江真澄(すがえますみ)を(かんこうますみ)と言ってしまって恥をかいた。
いくつかの書籍絵画の前に日本酒(真澄)の瓶が置いてあった。
「あっこれ、長野の酒なんだけどねぇ」なんて言ってまた不評をかった。
菅江真澄の謎解きはまた、この次にしよう。
[PR]
# by hanaha09 | 2017-11-09 19:13 | 田舎暮らし | Comments(0)

江戸の旅行ブーム

江戸時代、武士や庶民の区別なく人々の自由な移動は制限されていた 。
ただ、神社仏閣を巡るといった信仰目的の旅ならば、容易に出向くことができた。
江戸時代の後期になると信仰を名目とする旅行がが一大ブームとなった。
b0126549_20565539.jpg

農民や町民たちがやれ湯治だ、やれ参詣だと理由をつけては物見遊山の旅へと出かけて行った。
この時の二大観光地と言えば、伊勢神宮と善光寺だった。
文政13年には5ヶ月足らずで427万人の伊勢神宮への参宮者があったと記録されている。
当時の日本の人口はおよそ2,500万人と言われている、なんと六人に一人がお伊勢参りに出かけたことになる。
なぜ、こんな旅行ブームが起きたのか?
まず、戦の無い平和な時代が続いた。
幕府によるインフラ投資が一段落すると年貢負担も軽くなってきた、経済的に余裕が出てきた。
五街道などの整備により、旅の安全が確保されてきた。
十返舎一九の「東海道中膝栗毛」のような旅行本が出版された、当時から識字率が高かった庶民たちの間で読みまわされた。
b0126549_217245.jpg

まだ見ぬあちこちの異文化に夢を見た。
そして、江戸の旅行業者の活躍だ。
伊勢神宮、善光寺ともに全国各地を歩き回った布教者、御師(おんし)がその役を担った。
布教と共に参拝者を募って大参拝者団を伊勢神宮、善光寺へのツアーへと出かけた。
b0126549_2145239.jpg

団体旅行だけあって伊勢神宮、善光寺では特別参拝者扱い、おまけに各村々では持ち回りで旅に出かけられるように村でお金を積み立てる講の指導も行った。
高崎から大戸、嬬恋を経て信州の善光寺に至る信州街道は、江戸から善光寺への一番の近道。
山中を超える険しい街道だったが大勢の善男善女が善光寺を目指した。
嬬恋村の大笹には関所があった。
b0126549_20582116.jpg

「入り鉄砲に出女」を厳しく取り締まったそうだ。
だけども、この関所を迂回するようにあったのが「抜け道」、ちゃんと「こちらが仏(善光寺の事)」と抜け道を暗示する道しるべもあった。
b0126549_2059482.jpg

関所の古文書には女性を取り調べた記録がいっぱいあるそうだ。
しかしこの抜け道、関所の関守りが知らないはずはない。
見て見ぬふりの関所番であったとも言えるのでは...
だとすれば、なんともファジーな行政手法ではないだろうか?
庶民が自ら謳歌した平和な時代だったのだろう。
[PR]
# by hanaha09 | 2017-11-08 21:08 | 田舎暮らし | Comments(0)

江戸の三行半

享保七年(1722)八代将軍吉宗の時代、幕府は初めての江戸の人口調査をした。
江戸の町方人口は48万3千人余、その内男31万2千人余、女17万余人となっている。
圧倒的に男性が多い。
武家の人口を加えると、女性の比率はぐっと低くなり、27%前後だったと推定される。
参勤交代で江戸にやってくる武士たちは妻子を故郷の藩に置いてくるためこんなことになる。
ざっと、男3人に女一人...女性は美形からブスまでモテモテの状態だった。
b0126549_1845383.jpg

しかも不思議なことに260年間続いた江戸時代、この比率はほとんど変わらない。
そして、江戸町民の女性たちは「御殿奉公」とか「武家奉公」に出た。
こういった奉公を経て、町人の娘たちは礼儀作法、教養、上品さ等の生活文化を身につけ、やがて町家の女房になる。
女性は自分達の地位の向上に努力を惜しまなかったのである。
b0126549_18454367.jpg

かくして離婚率は極めて高く女性の二人に一人が一度は離婚を経験、五人に一人は三回以上結婚、二十年以上添い遂げる夫婦は四組に一組程度。
我が夫婦の様な四十年組は誠に希少なものだったに違いない。
江戸時代の離婚制度はいたってシンプル。
町民や農民は、離縁状を夫が妻(もしくは妻が夫)に直接渡すことで離婚は成立した。
この離縁状が「三行半」と言われるやつだ。
ただし、離婚が成立するには妻側の承諾が必須であったこと。
なぜ「三行半」かと言えば、離縁状の内容が三行半で書かれていることが多かった。
文字の読めない町人には3行+半行の線を書くことで「三行半」とした。
b0126549_18462756.jpg

「離別状のこと
一 なみさんを女房にしたんですが、このたび私の思った通りにいかないことがいろいろあって離婚することにしました。なので、なみさんが今後どこの誰と再婚しても異論はありません。念のためこの証文を出します。
嘉永6年 名倉村の所左衛門
稲奈村のなみ殿へ」
と書かれているのだそうだ。
まず、離縁の言い訳が無い。
お互いに不都合なことを書き付けておくとこの先の再婚も難しく、人生の選択肢も狭くなってしまう。
今でいえば退職願に理由は書かない、ただ”一身上の都合”と書く、それと一緒だ。
不都合な亭主、妻では再婚もままならぬこととなる、江戸の知恵だ。
そして、妻が三行半を受理していないのに一方的に離婚を言い渡したあげく再婚でもしようものなら、重婚の罪に問われ「所払い(住んでいる場所からの追放刑)」に処せられたとか。
「三行半」は再婚をかなえる証文でもあった訳だ。
離婚話がもめた際、ちゃんと調停を行える機関があった。
よく知られている「駆け込み寺」だ。
有名なのが鎌倉の東慶寺(とうけいじ)と群馬県伊勢崎市にある満徳寺(まんとくじ)。
三年間修行をすると通念上、夫婦関係は破綻しているとみなされた。
尼さんと言えどもちょっと髪を切るだけで丸坊主になることもなかった。
また、寺では離婚調停所の役目も果たした。
なんと、二重三重のセーフティネットが準備されていた。
江戸町人たちの知恵で出来た町人たちのための素晴らしい江戸の社会制度だった。
[PR]
# by hanaha09 | 2017-11-07 18:48 | 田舎暮らし | Comments(0)

江戸時代の「すきやき」

江戸時代にも「すき焼き」という料理はあった。
現代の「すき焼き」とはちょっと別物。
享和元年(1801年)の料理書『料理早指南』には、「鋤やき」は「鋤のうへに右の鳥類をやく也、いろかはるほどにてしょくしてよし」。
『料理談合集』では「使い古したスキを火の上に置き、そこに雁、鴨、鹿などの肉をのせ、色が変わったら食べごろ」とある。
ここにある「鋤(すき)」とはこんなもの。
b0126549_2027160.jpg
野生の雁、鴨、鹿などはお百姓たちにとってはご馳走、ましてや最大の栄養源。
山や畑から鍋を取りに家に帰るのは面倒、田んぼや畑に鍋を持って来るのも重いということで、いつも手にある鋤が使われた。
そもそもは、今のように汁気がたくさんあるものではなく、文字通り焼いたのだから大丈夫。
嬬恋村の温泉旅館では「鋤焼き」ならぬ名物「くわ焼き」料理が出される。
b0126549_2030552.jpg
まさに江戸時代の「すきやき」だ。
[PR]
# by hanaha09 | 2017-11-06 20:31 | 田舎暮らし | Comments(0)

yello 

b0126549_211567.jpg
イタリア語かなんかでよくわからんので適当な訳を。
「2つの世界が一緒になり交わりあった。そして新しい世界、新しいものをもたらした。」
b0126549_2110431.jpg
「長野と南チロルの物語だ。一つのアイデアが夢となり、その夢が育ち実現化されていった。」
b0126549_21154441.jpg
「それが今南チロルで育ったリンゴ"yello"。ひとかじりごとに驚きとエキゾティックな風味そして甘くジューシー。」
b0126549_2123288.jpg
「長野で生まれ南チロルで育った"the color of taste"」
昨年11月に南チロルボルツァーノ市で開催された、りんご見本市「インターポア見本市」で発表されたのが"yelllo”、日本では"シナノゴールド"と呼ばれている。
平成30年までには南チロルでの作付け面積を30haに拡大、"yello"を世界的なブランドとするのが目標。
今や世界のりんご、"シナノゴールド"の採り入れに出かけた。
b0126549_2141237.jpg
幸いにも台風の影響も大したことなく、蔓割れもせず、甘さも最高の上出来だ。
[PR]
# by hanaha09 | 2017-11-05 21:46 | 田舎暮らし | Comments(0)

ロクを磨く

人間が持っている五感、視る、聴く、嗅ぐ、味わう、触る、これを磨くことによって外界からの信号を豊かに取り入れることができる。
これに続くのが第六感、物事の本質を掴む心の働きのことを指しているのだ。
よく似た言葉で表すと、インスピレーション、勘、直感、霊感、などがある。

江戸時代の人は、老後を楽しみに生きていた。
家業を譲り渡した後は好きなように生きていい、「楽隠居」だった。
b0126549_18241089.jpg

旦那が引退すれば、妻も、しゃもじを嫁に渡す。
「楽隠居」は妻にとっても黄金期。
だが、遊び暮らすだけではつまらない。
隠居後の男も女も“ロクを磨く”ことに熱中した。
ロクとは五感を越えた感。
稽古事などで感性を磨くだけでなく、豊富な人生経験をさらに成熟させて、若い人の知恵袋と言った存在になることも含まれていた。
隠居後から「好きな事」を始め、後世に残る偉業を成し遂げたのは、伊能忠敬。
b0126549_18244727.jpg

養子の忠敬は17歳の頃より家業の酒造業の立て直しにまい進した。
立て直しに成功したのちの49才で家業を長男に譲り、天文学の勉強を始めた。
そして、忠敬は55才で日本全図の作成を目指して歩き出し、全ての測量を終えたのは71才の時。
その間に踏破した距離は地球1周分。
忠の老後に没頭した趣味が世界も驚く『大日本沿海輿地全図』になった。
こんな人生送ってみたい...
が、もう遅し。
[PR]
# by hanaha09 | 2017-11-04 18:26 | 田舎暮らし | Comments(0)

もりとかけ

蕎麦の歴史は古い。
高知県内で9000年以上前の縄文時代の遺跡からソバの花粉が見つかった。
797年に完成した史書『続日本紀』には、「今年の夏は雨がなく、田からとれるものがみのらず、(中略)蕎麦及び小麦を植えしめ、たくわえおき、もって救荒に備えしむべし」とある。
しかし、16世紀頃までは「そば」は麺ではなかった。
そば粉を湯でこねて餅状にした「そばがき」や「そばもち」、もしくは蕎麦米そのままであった。
現在のような麺である「そば切り」の発祥地が次のように伝えられている。
1574(天正2)年にしたためられた「定勝寺文書」の中で、「ソハキリ」(そば切り)の文字がある。
 「徳利一ツ、ソハフクロ一ツ 千淡内」「振舞ソハキリ 金永」
当初は十割蕎麦、蕎麦が切れ切れとなるので蒸籠に入れて蒸した。
これが蒸籠蕎麦。
蕎麦が流行り始めて幕府に値上げを申請したがあえなく却下、考えたのが蒸籠を底上げして蕎麦を山盛りに見せかけた「盛り蒸籠」。
そして、江戸時代は寛政年間の頃、そば粉に“つなぎ”としての小麦粉を混ぜるそばの製法が出てきた、ニ八蕎麦の誕生。
蕎麦は湯がいて、冷水でさらして冷たい盛り蕎麦になった。
b0126549_18152085.jpg

その内、つけ汁のつゆに貴重品の砂糖が使われ、それを区別するためにザルに盛った「ざる蕎麦」が登場。
元禄の頃、せっかちな江戸っ子の荷運び人夫などが、つけ汁が別になった「盛り蕎麦」が面倒くさいとそばに汁をかけて食べるようになった、これが掛けそばの始まり。
当初は冷たい「ぶっかけ蕎麦」、冬になると寒いので暖かい汁を掛けた今の「かけ蕎麦」となった。
b0126549_18154923.jpg

器が一つで済む、温かい、女性にも人気で、あっという間に広がった。
月見そば等々、最近では話題の「緑のたぬき」の登場を迎えることになる。
蕎麦の歴史でいえば、”もりかけ”問題は誠に明快に語られている。
魑魅魍魎の政界のような話ではなかった。
[PR]
# by hanaha09 | 2017-11-03 18:46 | 田舎暮らし | Comments(0)

江戸時代のボージョレーヌーボー

お米の収穫がどんどん進む。
日本酒の仕込みも始まり、11月には新酒も出そろってくる。
当時の江戸では 灘・伊丹・伏見などの上方から江戸へ下ってくる日本酒が好まれた。
初鰹と共にこの下りものの新酒が粋な江戸っ子に大変に珍重された。
b0126549_221359100.jpg

その年の新酒を樽に詰めて載せた廻船問屋の樽廻船が浪速を一斉に出帆、江戸への一番乗りを競う番船競争が繰り広げられた。
味は未熟だが香りの高い新酒を高値でもいいから手に入れようとする江戸っ子気質がよく見える行事であった。
b0126549_22123335.jpg

参加船数は十五隻前後。
大行司役が、ルール違反がないかと荷積量などを綿密に点検し、安全を祈る出発の儀式を行なった後、大行司役の旗を合図に一斉に出帆した。
優勝した船には各方面から多大の祝儀があり、乗組員には高額の特別手当が支給された。
寛政二年(1790)十一月六日に西宮から出帆した一番船がなんと五日後に品川へ到着。
普段の廻船が要する十~十五日をはるかに上回る速さだ。
江戸のボージョレーヌーボー騒動だ。
[PR]
# by hanaha09 | 2017-11-02 22:16 | 田舎暮らし | Comments(0)

紅葉も最終章

b0126549_18195653.jpg
浅間高原の秋はあっという間に通り過ぎる。
紅葉は真っ赤なツタウルシ・山ウルシに始まり次にヤマザクラ、真っ黄色のウリハダカエデ、赤と橙色グラデーションのヤマモミジ、そして赤やら黄色のコナラ・ミズナラ、最後はカラマツ黄葉で終わるのが一般的。
今は最終章のコナラが山一杯を黄色に変える。
b0126549_1825421.jpg
赤い実はチョウセンゴミシだ。
屋根には枯葉がいっぱい。
今朝は霜バシラ、あたり一面白くなった。
シイタケの榾木に残っていた巨大シイタケは冷凍シイタケになっていた。
今年はストーブの煙突掃除もしないままで冬に突入だ。
一年が終わるのももうすぐ、早いねぇ。
[PR]
# by hanaha09 | 2017-11-01 18:30 | 田舎暮らし | Comments(0)