ブログトップ

あるちゅはいま日記

hanaha09.exblog.jp

<   2016年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

日本人の好奇心

太平の 眠りをさます 正喜撰(じょうきせん) たった四はいで 夜も眠れず」
日本列島は上を下への大騒ぎと一般的には言われている、が、どうやら、右往左往していたのは、幕府のお偉方たち。
b0126549_11195549.jpg

そして、ペリーたちは翌年に再度江戸湾にやってきた。

庶民は「驚き」という物でもなく、煙りをはいてはボー、ボーと大きな音をだしているという黒船を一度は見てみようとお祭り気分、

「さあさあ、仕事さ、かたづけて、見にいくぞ!お前たちも、早よう、手伝えよー」 上大岡の高台が、見晴らしも良く絶好の見物場所になった。

黒船は湾内で数十発の空砲を発射した。

無論、日本を脅す為に行ったものであり、最初の砲撃によって江戸は大混乱となった。

やがてそれが空砲だと知ると、庶民は砲撃音が響くたびに、花火の感覚で喜んでいたようだ。

おだんごや、お茶を売る者までが現れて、いっそうにぎやかになった。

なかには、小舟を漕ぎ出して黒船のそばへ行き、乗員との物々交換で珍品を手に入れようとしたり、外国人相手に商売を始める者もいた。

そのうち、「異船見物無用」の立て札まで建った。

黒船には幕府代表団も招かれフランス料理をごちそうになった。

帰り際には、様々な料理一緒くたに懐紙に包んでもって帰ったのだそうだ、おそらく各家庭で皆が恐る恐る味見をしたことだろう。

西洋文明の最先端を日本人たちに見せつけようとしたペリー、「わが国の独創的な発明品の数々を展示すると、彼らはあの手この手で飽くなき好奇心を満足させようとした。日本人にとっては、どの展示品もこの上なく珍しかったに違いないが、それをこと細かに観察するだけでは気がすまず、士官や乗組員らの後をついてまわり、機会さえあれば衣服に触ってみようとする」

「乗艦を許された人々も同じように詮索好きで、近づけるところなら隅々までのぞき込み、あちこちの寸法を測ったり、目に触れるものはなんでもかんでも独特の流儀で写生したりする」。

と、日本人の好奇心の強さに感嘆したようなのだが、なんのことはない、実は発明品の技術を盗もうとしたのだった。

こんな江戸庶民の好奇心が世界でも最先端の和算を編み出し、銀を折ったり曲げたりしてその品位を正確に吟味した銀座の職人などなど、日本の近代化の原動力であったに違いない。




[PR]
by hanaha09 | 2016-03-31 12:47 | 田舎暮らし | Comments(0)

草津の湯

十返舎一九が「東海道中膝栗毛」を発刊したのが1802年。
江戸時代の旅行ブームの先鞭をつけた、そして1810年には「旅行用心集」なる庶民のための旅行情報誌、今の「るるぶ」だ。
家康の幕府が江戸に置かれておよそ200年、世の中は社会が安定、そして街道、宿場などの整備が進み、庶民の生活も向上してきた証拠だ。
なかでも人気の高かったのが温泉旅行だった。
湯治が目的でもあったが癒しの場でもあった。
上州は西の大関筆頭にランクされた草津温泉をはじめ多くの温泉に人気が集まった。
b0126549_23425163.jpg
「旅行用心集」には61か条の宿、道中、食べ物等の用心対策が語られている。
宿については「家作、雪隠、裏表の口を覚えておくこと古き教えにあり」、道中においては「山中や野道であった若い女性、女道ずれには挨拶をすれどもそれ以上の話をするべからず...」、また「道端や畑で作られているみかん、カキなどの果実はどんなに実っていても手を出してはならぬ」などなど。
温泉では「空腹のときには温泉にそのまま入るな、のぼせてしまう」「疲れた時には熱い風呂の入ると良い」「硫黄分を含んだ温泉が多い、大小の刀はさびてしまう恐れがあるから注意のこと」。
そして、古川柳に残された江戸庶民の温泉旅行。
「草津の湯 とかく女房は ふのみこみ」
草津は三大名泉の一つ、花柳病に効く湯治場として有名だった。
この湯治場に亭主が行くという、女房にとってはなんでそんなに遠い湯治場まで出かけなければならないか「ふのみこみ」理解できないのだった。
「ほしがって 嫁は遠くの 湯へ入り」
温泉の効用は子宝に恵まれると信じられていた。
わざわざ遠くまで温泉に行くのはなんで...というところ。
b0126549_00111679.jpg








[PR]
by hanaha09 | 2016-03-30 23:14 | 田舎暮らし | Comments(0)

八百屋お七


b0126549_18224394.png役者絵を描かせれば右にはないと言われた国貞作「江戸本郷八百屋お七(火付け)之図」だ。
井原西鶴が「好色五人女」の題材に取り上げた。
その後歌舞伎、文学、文楽などで上演され、多くの庶民の涙物語となっていった。
八百屋お七の悲恋物語は江戸の大火から始まる。
本郷から駒込の𠮷祥寺に逃れたお七の前に現れた一人の若衆、吉三郎であった。
まだ幼さの残るお七16歳は一目ぼれ。
それはかなわぬ恋に...
本郷に帰ったお七は一目会いたいと、また火事になれば𠮷祥寺で𠮷三郎に会える。
雪の夜、お七は自分の家に火を放ち、自ら梯子を駆け上がって半鐘をたたいた。
幸いにも大事には至らなかったが、江戸の付火は大罪、火あぶりの刑だった。
南町奉行所でのお裁きの庭、奉行は訊ねた。「その方はまだ十五だったな」「いいえ十六でございます、お宮参りの証もございます」
当時十五歳では死罪は免れ遠島というしきたりだった。
お七は3日間市中引き回しの上極刑に処された。
その日が天和3年(1683年)、今日の日だ。
おりしもニュースでは中学生の軟禁事件がけたたましく報じられている。
昔も今も良くわからぬ事件だ。






[PR]
by hanaha09 | 2016-03-29 20:06 | 田舎暮らし | Comments(0)

武将の背丈

NHKの大河ドラマはいよいよ真田一族、家康の戦いにと進んできた。
テレビは映らないのでネットであらすじを見た。
真田幸村って、こんなに背が高くてイケメンだった?
b0126549_10435659.jpg
「長沢聞書」という文献に幸村のことが記録されている。

幸村の容姿は...「真田左衛門佐(信繁)は四十四、五にも見え申し候。ひたひ口に二、三寸の疵跡あり小兵なる人にて候」

真田幸村は少なくとも戦国時代の武将の平均身長よりも小さかった、140~150cmと考えられるのだそうだ。

江戸時代に入って徳川家康は151cm、綱吉にあっては124cmだったといわれている。

この時代の武士の食生活は質素が尊ばれた。

食事は一日2回、主食は玄米。

味噌汁に野菜、豆腐、納豆、かまぼこ、のり、漬物、梅干しなどの副菜が加わった。

この世界無形文化遺産でもある和食にこの小兵の原因があるのだそうだ。

b0126549_11054401.jpg

縄文、弥生、古墳時代と比較して、鎌倉時代には日本人の背丈は低くなり、そのまま明治時代まで。

日本で「肉食禁止令の詔」出したのが六七五年(天武四年)の天武天皇だ。

「生類憐みの令」を出したのもチビの綱吉だ。

明治に入ると、天皇自ら牛肉を試食したりした。

「士農工商、老若男女、賢愚貧富おしなべて牛鍋食わねば開化不進奴(ひらけぬやつ)」などと肉食が賛辞された。

そして、戦後に入ると牛乳やらハンバーグやカレーなど、アメリカ肉食文化が流行った。

この日本人の身長はたんぱく質の摂取量の変化にぴったり一致する。





[PR]
by hanaha09 | 2016-03-28 11:45 | 田舎暮らし | Comments(0)

携帯電話の歴史

会社勤めの時も電話は嫌いだったが、携帯電話そのものには興味があった。
昔昔、銀座の飲み屋に行くとママさんが携帯電話をもってお客さんと話しているのがとってもすごいと勝手に思いこんでしまった。
会社に半分ごまかしてこの携帯電話を買ってもらった。
b0126549_17310799.jpg
まず重い、電池がもたない、通話は途切れ途切れ、車載電話と同じになってしまった、ほとんど役に立たなかった。
交通渋滞に会って飛行機の時間に遅れそうになった時、車からJALに電話して出発を待ってくれ、なんてバカな電話をしたことがある。
ちっとも恰好良くビジネスができなかった。
そのうちにこんな携帯電話が出てきた。
b0126549_17355283.jpg
メールができる携帯だ。
これはパソコン好きな若いやつに発売日に買いに行ってもらった。
おりしもほとんどの会社でメールが普及、訪問時間にちょっと遅れそうなんての連絡に大いに役だった。
というよりももっぱら、飲み屋からの家への連絡に役だった、一方的なメールで「今日は帰れない」なんて平気だった。
バンコクに行くと日本への連絡用とタイ国内での私用と社用での使用の3つの携帯電話を持っていた。
ある日タイ人にその旨をしゃべると、「このスケベ!」と言われてしまった。
タイ人はそれぞれの女用にひとつづつの携帯を持ってるのが流儀なのだそうだ。
その男に言わせると私は3人の女をもってたということになる。
そんな金も元気もない初老のおっさんだったのに...
ケータイからスマホになりlineになり、もう年寄りにはついていけなくなった。
けどほんとに便利になったのかなあ。





[PR]
by hanaha09 | 2016-03-27 18:00 | 田舎暮らし | Comments(0)

世界が先に驚いた〇〇展

永青文庫(細川護煕理事長)が東京で昨秋開催し、約3カ月で21万人を集めて話題を呼んだ「春画展」。
この理事長の名前は良く聞いたことがある。
第79代の日本国内閣総理大臣だ。
この春に京都の細見美術館に展覧会が巡ってきた。
当初予想の観覧者5万人をはるかに上回って8万人を超える勢いなのだそうだ。
b0126549_20250628.jpg
江戸時代、太平の世には庶民から大名までもが楽しんだといわれる春画。
日本から陶器を西洋へ輸出する際に、割れないようにくるんだのがリサイクルの浮世絵版画の和紙。
「物凄く大胆にデフォルメした人物」、「空間を利用したり、物陰から対象を見るような大胆な構図」「影などつけなくても線の強弱で立体感を表現する曲線の美しさや絶妙さ」など表現の新鮮さが、当時の西洋の印象派画家達に衝撃と影響を与えた。
なかでも西洋で最も驚きを呼んだのは、春画におけるデフォルメだったそうな...日本人って凄い。
花開く江戸の文化の中、浮世絵版画で活躍した北斎、広重らのほかにもたくさんの絵師たちが肉筆の春画に腕を振るった。
軽妙な筆で江戸の風俗を描いた狩野派の英一蝶も独特の画を残した。
b0126549_20510023.jpg
「丸山派」の祖である丸山応挙もその足跡を残した。
b0126549_22154594.jpg
一枚一枚に江戸の絵師たちの涙ぐましい創意工夫が込められている。
生き生きとした江戸庶民の生活が浮かび上がってくる。




[PR]
by hanaha09 | 2016-03-26 22:25 | 田舎暮らし | Comments(0)

AIRLANDER

全長92メートル・全高26メートル・横幅43.5メートルという世界最大の航空機「Airlander 10」がイギリス・ベッドフォードシャーの格納庫で公開された。
b0126549_11391014.jpg
飛行機と飛行船の特徴を兼ね備えた巨大な機体は3万8000m3のヘリウムガスで満たされているのだそうだ。
最高高度2万フィート(約6100メートル)・最高時速80ノット(時速148km)で連続5日間の有人飛行が可能で、積載重量は2トン。
必要な燃料は、従来の航空機のおよそ3分の1、太陽光発電パネルを取り付けることでさらにエネルギー効率を上げることも可能。
クリーンエネルギー輸送機・旅客機なのだそうだ。
英国政府、EU,それに民間資金で実現されたというこの飛行体、一体何に使うんだろう。
もともとは米国で軍事偵察用として開発された飛行船だ。
米軍がアフガン戦争時に活用しようとしたが経費が掛かりすぎる、技術的な問題もあるとのことで利用は中止、民間に払い下げられたもの。
b0126549_11524963.jpg
それにしてもなんとも卑猥な形状だ。
こんな飛行体があちこちの空を飛び回ると結構人気になるかもわからない。





[PR]
by hanaha09 | 2016-03-25 11:56 | 田舎暮らし | Comments(0)

名残雪

b0126549_08574064.jpg
昨夜の内に静かに雪が降った。
桜の開花宣言があちこちで聞かれる今頃の雪は珍しいことではない。
このあたりでは4月に入っても雪が降る。
前には5月連休に雪が積もった。
浅間山では6月にも雪が降る。
春を迎えてから、その冬最後の降雪の事を名残雪、もしくは終雪などと呼ぶ。
今年は名残雪になるのだろうか。

「汽車を待つ君の横で 僕は時計を気にしてる

季節はずれの雪が降ってる

東京で見る雪は これが最後ねと

さみしそうに君がつぶやく

 なごり雪も降るときを知り

ふざけすぎた 季節のあとで

 今春が来て君は きれいになった

  去年より ずっと きれいになった」

田舎でも雪は降るけど東京で見る雪は最後だね。なごり雪、冬の名残の雪と別れてゆく女性への名残を惜しむ気持ち...かけことばになっているのだそうだ。


3月26日から汽車は鹿児島から北海道まで新幹線だ。

誰もが持つ、スマホでは山の頂上からチャットができる。

デジカメ写真はレタッチでしわも伸びるし、化粧もできる、飛び切り美人に簡単変身。

なんとも歌にもならない世の中になりましたねぇ。




[PR]
by hanaha09 | 2016-03-24 10:13 | 田舎暮らし | Comments(0)

050通話

はやりに遅れることはなはだしかったが、ついにスマホを手に入れた。
いつもの中華スマホだ。
怪しげな通販だったが、無事に届いた。
androidのlollipopなので中国語はたいていが退治できた。
ただ、電話番号の数字を打ち込むとご親切に中国の電話帳が出て来る、これがどうしても消せない。
まあ、差し込んだ月800円の格安SIMはデーター専用なので使うことが無い、がまんをしよう。
その代わり固定費無料の050通話アプリを入れた。
b0126549_11034604.jpg
これがまことに便利だ。
山の中の我が家ではDOCOMOのアンテナピクトが立たないが、この電話はWIFI接続でつながる。
軽井沢の固定電話にかけると3分間8円だった、携帯にかけると18円。
通話はクリアでもちろん途切れることもない。
留守番電話も、転送電話も使えるし、チャットに写真添付もできる。
受信専用に切り替えたauのガラケーは来年までの契約期間が過ぎればやめてしまおう。
犬の宣伝に騙されなかった貧乏人にはお得なスマホのようだ。



[PR]
by hanaha09 | 2016-03-23 11:44 | 田舎暮らし | Comments(0)

ミューオンラジオグラフィー

昨年の3月に発表された研究結果なのだそうだ。
福島原発のミュー粒子を用いた格納容器の透視画像だ。
b0126549_1012686.jpg
赤色の部分が密度の高い部分だ。
正常な5号機と比べて爆発を起こした2号機の炉心部分に赤色は無い。
燃料がすっぽりと抜け落ちた証だ。
ミューオンラジオグラフィーと名付けられている東芝と名古屋大学の研究チームによるデータだ。
宇宙から降り注ぐミュー粒子、1平方センチ当たり1分間に1個ほどやってくる。
b0126549_11165835.jpg

非常に透過性が強いのだが、密度の高いところは通過がむつかしくなる。
通過するミュー粒子の数を数えれば山の中でも原子炉の中でもレントゲンのように透視が出来ることとなる。
福島原発事故の以前にも東京大学地震研究所で浅間山の火道のマグマ透視に成功した。
b0126549_11123664.jpg

今回は2号機の圧力容器下部に落下溶融したと思われる核燃料のありかの透視を試みる調査が始められるそうだ。
浅間山の透視の際のドキュメンタリーテレビ番組「ガリレオチャンネル」、このスポンサーはTEPCO、東京電力だった。
[PR]
by hanaha09 | 2016-03-22 14:43 | 田舎暮らし | Comments(0)