ブログトップ

あるちゅはいま日記

hanaha09.exblog.jp

地震が揺すったが寝てた

今朝ほど長野県南部で結構大きな地震が起こった。
この辺は震度1だったそうで、おまけに寝てたので全く感知せず。
江戸時代後期の安政年間には日本各地で地震が連発した。
荒川河口付近を震源とするM6.9とされる安政江戸地震が江戸を襲ったのが1855年。
1万4千戸の家が全壊し、4千7百人余りの町方衆が亡くなった。
この地震後にはおびただしい数の瓦版や鯰絵が江戸の町中に出回った。
復旧事業が一時的な経済効果になったとも言われる大地震、災害が世の乱れをただすべく天が凶兆を以て警告するのだ、とも信じられていた。
b0126549_2015389.jpg
鹿島神宮の神様がまな板の上に大ナマズをひっくり返し腹に剣をつきたててる図、「腹立ち」を引っかけたシャレ。
上段にいるのは地震で儲けて笑いの止まらない大工、とび職、材木屋、佐官など。
下段にいるのは地震で大損し泣き顔の旅籠、茶店、寄席など。
b0126549_20175122.jpg
復興景気で懐があたたかくなった職人たちが吉原遊びに繰り出した図。
何人(匹)かナマズがいる。
職人たちが世話になったナマズたちを連れて来た?
b0126549_20203463.jpg江戸前かばやき「鯰大火場焼(なまずおおかばやき)とある。
恵比寿さまによって今まさにさばかれようとしているナマズ、蒲焼にされる運命のよう。
画面左、縁台に座ってナマズの蒲焼を食べているのは災害復興で儲けた大工たちなのだそうだ
ペリー率いる黒船が来航した幕末、それなりのユーモアで笑い飛ばし、風刺をきかせてうっぷんを晴らし、それをお守りにする、それが鯰絵だった。
この鯰絵、瓦版、約2か月の間しか世に出回らなかった。
幕府に対する世の不安と「世直し」に対する強烈なマニフェスタシオンと見た幕府によってきつく取り締まられたのだ。
[PR]
by hanaha09 | 2017-06-25 20:38 | 田舎暮らし | Comments(0)
<< 三年寝太郎 ハクサンイチゲ >>