ブログトップ

あるちゅはいま日記

hanaha09.exblog.jp

蝶々はすごい

b0126549_1825466.jpg
この蝶々はヤマキマダラヒカゲというのだそうだ。
止まってるのはまだ真新しい牛の糞。
きれいな蝶々が行ったいなぜ?
これは給水行動の一つ...
多くの蝶は吸水しながら、おしりから水を排出しているのが観察されるのだそうだ、が、よくわからんかった。
蝶は、体温を上げるときに羽を開いて日光を精一杯浴びる、だが上がりすぎた体温を下げる機能は備えていないのだ。
どうするか?温度の低い水を吸水し、排出することによって体温を下げるのだそうだ。
なまの牛の糞はべとべとだ、これを間違って踏むと大変なことになる。
だが、この給水行動をとる蝶々はオスばかりなのだ。
このオスの蝶々は動物の排泄物などに吸水しに集まるのは、どうもその主成分であるナトリウムを摂取しようとするものらしい。
筋肉の運動に必要なナトリウムイオンを、この様な吸水によって補給し、メスの蝶々をあちこち探し、追っかけるための活力の源となる。
牛の糞は蝶々の強壮剤なのだ。
もう一つ、蝶々の行動に得意なものがある、吸い戻しと呼ばれる行動だ。
動物の糞にとまり、その上におしっこをして、そのおしっこをまた吸い戻す行動。
つまり、固形物におしっこをかけることによって、栄養分を溶かし、それを吸い戻すことによって栄養を得るというものだ。
きらびやかな蝶の世界は昼も夜もなかなか大変だ。
[PR]
by hanaha09 | 2017-06-23 18:44 | 田舎暮らし | Comments(0)
<< ハクサンイチゲ 一粒金丹 >>