ブログトップ

あるちゅはいま日記

hanaha09.exblog.jp

湯道の百体観音

昔々、猟師が白鹿をめがけて矢を放ったところ傷ついた鹿はそのまま姿を消してしまった。
その後を猟師が必死で追うと、その谷間の湯気の立ち上る中で、傷ついた白鹿がじっと傷をいやしていたといわれている。
この谷間が鹿沢温泉呼ばれることとなった、とさ。
この猟師は源頼朝になったり、さては日本武尊になったりする。
いずれにしても鹿沢温泉は1,000年を超える歴史を持つ名湯であり、武田信玄をはじめ真田一族、そして、各地で戦功をあげた真田十勇士、忍びの者などもこの温泉を利用したと言い伝えられている。
江戸時代も終焉を迎えるころ、観音巡りブームもあり、鹿沢温泉と信州新張村の発願で新張村から鹿沢温泉までのおよそ3里の湯道の安全を祈願して百体観音が1町(109m)ごとに建立されることとなった。
はるばる伊那の高遠から石工が訪れ、この作業にたずさわった。
新張村、嬬恋村だけでなく、小県郡や佐久郡の近隣だけでなく、長野市や伊那市、さらには群馬県の各所からの協力により完成、開眼祝いが行われたのが11年後の明治7年。
最後の百番観音には鹿沢温泉にやってきた湯治客500人もの寄進があったと言われている。
今も新張ー嬬恋間の県道わきに遺る観音像を訪ねてみた。
昔の国境、今の県境である地蔵峠に遺る80番の十一面観音像、おまけのお地蔵さんも。
b0126549_20541481.jpg

そして、
b0126549_20584824.jpg
84番の千手観音像、夫婦円満などの現世ご利益をかなえてくれるそうだ。
お参りをして、今日はこれで充分。
[PR]
by hanaha09 | 2017-06-15 21:07 | 田舎暮らし | Comments(0)
<< 常林寺を訪れた ミヤマクワガタ >>