ブログトップ

あるちゅはいま日記

hanaha09.exblog.jp

デキ12型

草軽電鉄が多くの村人たちに愛される一つにこの電気機関車がある。
当時は「カブト虫」の愛称で親しまれていた「デキ12型」、ゴトンゴトン、キーキーという音をならしながら自転車ほどの速さで駆けて行った。
b0126549_8382530.jpg
鉱山用設備機械で有名な米ジェフリー社(Jeffrey Manufacturing Company)製のL型電気機関車。
建設機械の一種として製造されたもので、1920年(大正9年)製。
東京電燈(信越電力がという方が正解?)が発電所建設の際の工事用に使用していた車輌を、草軽電鉄が電化した際に買い取った(譲り受けた?)もの。
工事用として使われていた際はこんなだった。
b0126549_9405277.jpg

運転席の覆いと先・従輪は草軽入りする際に取り付けられたもののようだ。
b0126549_8452933.jpg
運転席の側窓から内部を移した写真、入口が無い。
どうやって運転室に入ったのだろうか?
この側窓を土足で乗り越えて、運転機器を足蹴にして乗り込んだようだ。
前向きには座れる余地はない、座席も見当たらない、横向きに体をまげて前を見ながら運転してたようだ。
b0126549_905835.jpg
「カブト虫」の特徴をよく表わすのが、奇怪な形状のパンタグラフ。b0126549_18275666.gif
バネは使わずに錘をぶら下げて重力によって集電舟を上昇させる方式だ。
もともとはポール式のものを改造したらしい、改造前のポールの土台はすごい恰好のものがついている。
連結器の格好も特異なものだ。
最盛期には13両ほどが在籍していた。
事故でお釈迦になったのもあるらしい。
昭和37年の全線廃線までのおよそ40年間走り続けた「カブト虫」、改造された1両が新潟の栃尾電鉄へ譲られたものと軽井沢駅に残るデキ13を除いて行方は分からず。
鉄の塊になったのかもわからない...
[PR]
by hanaha09 | 2017-05-31 09:58 | 田舎暮らし | Comments(0)
<< 草軽電鉄ホヘ19型 草軽電鉄弾丸ツアー >>