ブログトップ

あるちゅはいま日記

hanaha09.exblog.jp

東尋坊

b0126549_19312257.jpg
「東尋坊」へやってきた。
その昔、僧兵を有して隆盛を極めていた「平泉寺」という寺の僧兵の一人に「東尋坊」というものが居た。
この僧、極悪非道の振舞いで、近郷の民百姓を大変苦しめていたんだって。
「あや姫」という娘を巡った恋のライバル「真柄覚念」というもう一人の僧兵は「東尋坊」に絶壁の上で酒や肴をすすめ、泥酔させ、隙を見て絶壁の海へ突き落としたんだと。
その後、49日間にわたって「東尋坊」の無念と怒りにより、海は大荒れ。
それからこの地を皆が「東尋坊」と呼んだんだと。
この東尋坊は世界に3箇所しかないといわれる「輝石安山岩の柱状節理」が見られるジオサイト。
「柱状節理」とは、主に火成岩に見られる現象で、露頭に見られる 規則性のある割れ目の事。
b0126549_20391944.jpg
一番左は、マグマが冷たい地面を流れて固まった直後の熱い溶岩流。
真ん中は、少し冷えた状態、柱状節理は冷却面である地面や空気 との接触面に直角(垂直方向)に入る。
一番右は、かなり冷却が進み,中の図でできた柱状節理に沿って空気が入り、柱状節理の面が冷却され、それと直 角(水平方向)に2次的な節理ができる。
b0126549_20431825.jpg
こんな勉強の話なんて全く面白くない。
悪さの僧兵「東尋坊」やらテレビドラマによく出て来る「東尋坊殺人事件」の話がよっぽどましだ。
東尋坊お土産商店街にはなんでゲーム機が置いてんだろうね。
[PR]
by hanaha09 | 2017-05-26 20:47 | 田舎暮らし | Comments(0)
<< 加賀百万石 任に当たれば他に譲らず >>