ブログトップ

あるちゅはいま日記

hanaha09.exblog.jp

ザイフリボクの花が咲いた

b0126549_2248103.jpg
これは西洋ザイフリボク、別名ジューンベリー。
「ザイフリボク」は漢字で「采振木」と書く。花の形が采配(さいはい)を振っているように見えるのだそうだ。 
采配とは戦国時代に武将が指揮にもちいた道具。
短い棒の先に,白い紙などを短冊状に多数つけたもの。
そういえばよく映画に出て来る。
また、花を白い四手(しで : 神前に供える幣帛の1種)に見立てて、シデザクラ(四手桜)とも呼ばれるのだそうだ。
花が終わると赤黒っぽい実はつく。
食べても口当たりが悪いし、甘くもなくおいしくない。
で、食べることもないし、いつの間にか地面に落ちてなくなっている。
ところが、すごい話を聞いた。
「果実酒にすると、ブランデーのような味になる」
ホンマかいな?
今年はうやうやしく果実をいただき試してみたい...
[PR]
by hanaha09 | 2017-05-15 22:49 | 田舎暮らし | Comments(0)
<< イワカガミの花が咲いた 万座温泉に行った >>