ブログトップ

あるちゅはいま日記

hanaha09.exblog.jp

井戸の水汲み

江戸の町は埋め立て地、井戸水は塩水を含んでいて飲料水として適さなかった。
日本橋から神田方面には井の頭から流れる神田上水、山手の四谷、麹町、赤坂から下町の京橋方面は玉川から取水した玉川上水が引かれた。
自然の勾配による流下式でその後、街中では地下に木の管や樋が埋められ、町屋や長屋の敷地内に掘られた井戸に流し込まれた。
各家庭内には水瓶が置かれ、この中に汲み置きしておいた水を、ひしゃくを使って炊事や飲み水として使っていた。
戸外の井戸から水を汲み上げ、手桶に移し替えて運び込むのはかなりの重労働。
お金持ちの家では下男や下女がこの役目を担った、が、普通の庶民の家では女の仕事と決まっていたようだ。
確かにしんどいこの仕事も、助っ人があったら話は別。
「水汲みも相手次第」
b0126549_17224127.jpg

親父(おやじ)、精出して水汲んで居る所へ、隣の娘きたりて、「私にも汲んで下さりませ」といふ。「どれどれ、なんぼでも汲んで進ぜう」と、ここを先途(せんど)、汲んでやられるところへ、又隣のおふく(おかめ。醜い面相の女)、「これこれ、わしにも一杯、汲んで下され」と言いければ、親父いふやう、「まだ水があったかしらん」と、井戸の中をのぞいた。
絵本初音森より

今も一緒だ、美人は何かと得をする。
微妙な男女関係にあんまり進歩はなさそうだ。
[PR]
by hanaha09 | 2017-04-30 17:23 | 田舎暮らし | Comments(0)
<< 子供神輿 飲兵衛に助兵衛 >>