ブログトップ

あるちゅはいま日記

hanaha09.exblog.jp

エトナ山爆発

b0126549_1543508.jpg
よく聞くイタリアの火山だ。
シチリアにあるヨーロッパ最大の火山、標高はおよそ3,325m。
2013年には世界遺産に自然遺産として登録された。
60万年前から活動を開始したと言われているが今もなお、年に数回から十数回の爆発を繰り返している。
b0126549_15443834.jpg

sicilia clubという団体名で運営されているホームページがある。
「エトナ山が噴火すると、なぜか大々的にマスコミに報道されますが、地元の人は全く危険だと思っていません。なぜならば、エトナ山は玄武岩質マグマを持つ火山であり、マグマの流動性が高いため、熔岩ドームができないので、火砕流は発生しません。ガス(火山性ガスの事?)がスムーズに抜けやすいため...爆発的で危険な噴火はしないのです。」
「山の傾斜がなだらかなので、溶岩流はゆっくり流れます。溶岩流にのまれて亡くなる人はいません。溶岩流が流れて来るまでに、十分な対策を打つことができます。火山灰の量も、極端に多いわけでなく、アルカリ玄武岩質の火山灰土は、ミネラルをたくさん含んでいるのでいずれは農作物の肥料になります。肥沃なエトナ山脈では、ワイン用葡萄、ピスタチオ、オリーブ、桃、りんご、イチゴ等いろいろな農作物が栽培されていて、火山はまさに大自然の恵みをもたらしてくれるのです。」
「したがって、エトナ山が噴火すると噴火活動を少しでも近くで見たいと、エトナ山に登る観光客が一気に増えます。噴火しているときのエトナ山観光は、地球が生きているのを感じられてお薦めです。」
まあ、この表現が良いのか悪いかは別にして、なんともイタリア人らしい陽気な、前向きの発想が生き生きと感じられますね。
火山の噴火警戒警報発令で「風評被害だー、お客が来ない、損害賠償だー。」なんて騒いでいるどこかの国の観光業者とはなにか違います。
こんなエトナ山が3月17日に爆発を起こした。
b0126549_15452319.jpg

爆発の際の噴石などで10人が負傷したが、いずれも重傷は負っていないという、が...
自然はなかなか侮るわけにはいきません。
[PR]
by hanaha09 | 2017-03-31 15:48 | 田舎暮らし | Comments(0)
<< 今年もエイプリルフール 江戸の時代にもあった大食い選手権 >>