ブログトップ

あるちゅはいま日記

hanaha09.exblog.jp

トイレあれこれ

最近のトイレは白色ばかり..なんでだろう?
トイレ会社さんによれば今最も売れているのが白色よりももっと白色「ピュアホワイト」らしい。
やはり「清潔感」が重視されるのと、トイレ内の装飾にマッチしやすい、のだそうだ。
b0126549_11376.jpg

昔の料亭とか旅館に行くと見事な「アサガオ」があった。
おしっこをひっかけるのがもったいないほどだ。
こんな木製のものもあった、なんとなく匂ってきそうな感じだ。
パリの飛行場へ行くとトイレの背が高い、短小のおち〇ち〇では届かないので思い切りつま先立ちをしなければ届かない。
場末のホテルに行くと部屋にはビデしかない、夜中は面倒くさいからそこにオシッコをした。
シンガポールのインドカレー屋さんのトイレにはバケツが置いてある。
用が済んだ後はこの中の水を小さな桶ですくってバシャバシャ流す、なかなか合理的。
江戸時代の大奥のトイレは穴を十数メートル掘った。
はね帰りもやってこない、においもやってこない究極のトイレかもわからない。
タイのトイレはたいていが手持ちのシャワー付き、あちこち洗えて結構便利で使い勝手が良かった。
リゾートホテルに行くとこんなのがあった。
b0126549_1135221.jpg

何回でも入ってみたい小川が横を流れる安らぎトイレだ。
トイレ会社さんも言ってた、「トイレを応接間にしたい!」。
いつまででもトイレに居座られると、おしっこが近くなってきたじいさんにはつらいものがあるんだがねぇ。
[PR]
by hanaha09 | 2017-03-23 10:28 | 田舎暮らし | Comments(0)
<< 佐渡の金銀は嬬恋村を通って江戸... you key fool >>