ブログトップ

あるちゅはいま日記

hanaha09.exblog.jp

今年は草軽電鉄

今年は草軽電鉄、大正15年(1926)に新軽井沢ー草津温泉間55.5kmが全線開通してから91周年。
全線が廃線になった昭和37年(1962)からは55周年。b0126549_21122452.jpg
頃合いが良いのか悪いのか、それともなんでもないのか嬬恋村あげての草軽電鉄イヤーらしい。
嬬恋村観光協会には「草軽電鉄の廃線跡マップ」が出来上がっていた。
人気絶頂なのか、「草軽電鉄全路線図(詳細版)」も作成中の注記ながら配られていた。
早速いただいて、近くの三原地区より廃線跡散策に出かけて行った。
まずは吾妻川を渡る鉄橋の橋脚跡。
昭和34年の台風で流された、廃線に突き進む大きな原因となった。
b0126549_21142943.jpg
この橋脚跡の北側が「上州三原」駅跡。
廃線後にできたと思われるボーリング場廃墟も消えていた。
b0126549_21161310.jpg
どんどん進むと、火の見櫓のある小路。
b0126549_2117542.jpg
三階建ての建築がこのあたりでは珍しい。
がったんギーギーと右手にカーブをきると明治屋旅館。
b0126549_2119036.jpg
この東側には小説「ダイヤモンドダスト」で第百回芥川賞をもぎ取った南木佳士氏のご実家、ちなみに奥様は明治屋旅館さんのお嬢さん。
南木氏の随筆には「家のすぐ下を草軽電鉄が走り抜けていた、おじいさんは機関車の運転手だった」とある。
どんどん行くと、立派なお屋敷の横を通る、元村長さんのお屋敷だと、聞いたことがある。
b0126549_2124257.jpg
そして、「東三原」駅跡、今はクリーニング屋さんの跡付近らしい。
この後の急坂を上りきるにはスイッチバック式線路があった。後ろ側の道路の通行車両を遮断して、このスイッチバックを登って行った。
b0126549_16555973.jpg

急坂はまだまだ続く、今井堂集落付近には現在もくっきりと雪に埋まった線路跡が見られた。
b0126549_21284043.jpg
今日はこれくらいでおしまい。
汗もにじんでくる結構爽快な廃線跡探検、嬬恋村にも廃線ブームがやってくるのかなぁ。
[PR]
by hanaha09 | 2017-02-28 21:31 | 田舎暮らし | Comments(0)
<< チャスラフスカ いつもの浅間山噴火情報 >>