ブログトップ

あるちゅはいま日記

hanaha09.exblog.jp

雪見

太平洋側を低気圧が通過し雪が降った。
雪が降ると気温はあんまり下がらない。
朝からちょこっとお神酒を仕込んで窓から雪見だ。
b0126549_10102696.jpg

江戸時代は小氷期、江戸の街にも雪が良く積もった。
現代の東京人には結構雪が降ったから雪見に行こう、なんて物好きはまあいない。
だが、江戸の町民たちは実にうまく、この自然現象に付き合った。
花見や月見と同じように雪見を楽しんだのだ。
b0126549_10203122.jpg
料亭で盛大に雪見の宴を開いた。
深川の富岡八幡宮境内にあった料亭「二軒茶屋」の光景だそうだ。
大名やお金もちの商人が集まり、ほどよく雪が積もった庭の松を酒肴に雪見酒をふるまった。
もちろん深川芸者も加わった豪華なお大尽の酒宴だ。
一方、庶民は庶民の雪見があった。
雪景色を見るだけならば基本的にはタダ。
江戸の町中にある雪見の名所に繰り出した。
b0126549_102706.jpg

出かけられない長屋の住人達も猫の額ほどの裏庭で雪見を楽しんだ。
江戸の町民たちはそれぞれに、四季を無理なく受け入れ、またそれを楽しんだ。
幸福度の指標であるかもわからない。
[PR]
by hanaha09 | 2017-02-11 10:09 | 田舎暮らし | Comments(0)
<< 冬は鍋 教科書に載らない江戸の事件簿 >>