ブログトップ

あるちゅはいま日記

hanaha09.exblog.jp

シャクナゲの花もちりぬるや

b0126549_19144752.jpg
嬬恋村のシャクナゲ園、標高1500mの三尾根山麓に植栽された15万株とも20万株とも言われるシャクナゲが開花した。
今日のような快晴の天気にはお花見散策が恰好の日だ。
ウグイスやカッコウの鳴き声もすぐ近くに聞こえる。
新緑のカラマツに目も心も癒される、大きく深呼吸をしたくなる。
5月20日、明日から6月12日までは「シャクナゲ祭り」が開催される。
始まる前にもう満開だ。
一部の株の花は早くも痛み始めている。
今年は花の時期が早すぎる、6月まではとても持ちそうにない。
昨年の花模様はさんざん、遠くからやってくる観光客の人々にとってはがっくり。
なかなか気むつかしい、「高嶺の花」だ。
b0126549_19284816.jpg

[PR]
by hanaha09 | 2016-05-19 19:31 | 田舎暮らし | Comments(0)
<< スズランが咲いた 嬬恋の遅い春 >>