ブログトップ

あるちゅはいま日記

hanaha09.exblog.jp

今年もモリーユ茸

b0126549_17401259.jpg
今年もお目にかかった「モリーユ茸」。
アスファルトの道端に出たど根性「モーリユ茸(西洋ではブラウンモーリユという種類らしい)」。
仔牛をバターでソテーした後のフライパンにモリーユ茸を入れ、ブランデーでフランべするのだそうだ。
その後、生クリームを加えて塩コショウをする。
先ほどの仔牛の上に添えるアルザス地方の絶妙の一品だそうだ。
「代表的な春の茸で、生はシーズンも短いためフランスでは最高の食材として珍重され、その香りと食感は、他の茸に求める事ができません」と宣伝文句にある乾燥モリーユ茸。
b0126549_17525167.jpg
amazonでは125g入りが17800円なのだそうだ。
一度は生のモリーユ茸を食べてみたいと思っていたのだが...
今年もその勇気はなかった。
[PR]
by hanaha09 | 2016-05-07 17:56 | 田舎暮らし | Comments(0)
<< ヤマブキソウが咲いた まびきな >>