ブログトップ

あるちゅはいま日記

hanaha09.exblog.jp

昭和の日

黄金週間の始まりは「昭和の日」だ。
4月29日はもともと昭和の時代には「天皇誕生日」、年号が平成に改まりこの休日も「みどりの日」となった。
平成19年(2007)より「昭和の日」とすることになった。
昭和に生まれ、昭和に育った一人としてこの時代を改めて見つめ直してみても良い日なのだそうだ。
b0126549_1725216.jpgガキの頃に何しろおやつが楽しみだった、けれども家のおやつは芋を焼いたのとか、トマトとか、せいぜい手製のあられとか。
よその家の子が「森永ミルクキャラメル」をくちゃくちゃ噛んでるのがうらやましかった。
後ろの看板にある映画「喜びも悲しみも幾歳月。
母に連れられ映画館に見に行った。
物語の中の岬の灯台守の話、一時はこんな仕事もいのかなと思った。
と、言いながら月に一度発行される漫画本にかじりついていた。
いろいろ漫画本を呼んだがこんなのも読んだ覚えがある。
b0126549_17285139.jpg

家ではなぜか列車の時刻表が毎月購入されていた。
まだ見ぬところへ連れてってくれると、列車や船の時刻表をみて楽しんでいた。
並んだ数字を追って、ひとり旅に出る妄想を描いていた。
b0126549_17304660.jpg


そして、テレビが普通に見られるようになると画面から飛び出してきたのが「オーモーレツ」。b0126549_17351672.jpg














昭和の時代もそれなりに面白かったような...
[PR]
by hanaha09 | 2016-04-29 17:46 | 田舎暮らし | Comments(0)
<< 浅間山には雪 スプリング・エフェメナル >>