ブログトップ

あるちゅはいま日記

hanaha09.exblog.jp

日本橋

「日本橋由来記」より。
「日本橋は江戸名所の随一にして其名四方に高し、慶長8年幕府諸大名に課して城東の海浜を埋め、市街を営み、海運を通し始めて本橋を架す。人呼んで日本橋と称し遂に橋名と為る。翌年、諸海道に一里塚を築くや。本橋を以て起点と為す。当時、既に江戸繁華の中心たりしこと推知す可く。橋畔に高札場等を置く、亦(また)所以なきにあらず。旧記を按ずるに、元和4年、改架の本橋は長さ37間余り、幅4間余りにして、その後、改架凡(およ)そ19回に及べりと云う。」
b0126549_20054445.jpg
日本橋がはじめて架けられたのは徳川家康が幕府を開いた慶長8年(1603)。
幕府は東海道をはじめとする五街道の起点を日本橋とし、重要な水路であった日本橋川と交差する点として江戸経済の中心となっていた。
日本橋から江戸橋にかけての日本橋川沿いには、幕府や江戸市中で消費される鮮魚や塩干し魚を荷揚げする「魚河岸」があった。
大変な賑わいをみせていた。
「お江戸日本橋七つ立ち...」東海道、中山道などの主要街道の出発点だった。
南詰には高札場が置かれ、重要な法令やお触れがここに告示された。
また高札場の向かい側には、主殺し・相対死未遂者・女犯僧侶など重罪人を見せしめにする晒場が設けられた。
こんな江戸の中心であった日本橋、誰がこんなにした。
b0126549_20185678.jpg

高速道路の下になってた。
明治44年(1911年)、今でも健在の石橋(国の重要文化財)が完成したのが4月3日、今日の日なのだそうだ。



[PR]
by hanaha09 | 2016-04-03 20:26 | 田舎暮らし | Comments(0)
<< 水塩 桜が咲いたようだ >>