ブログトップ

あるちゅはいま日記

hanaha09.exblog.jp

AIRLANDER

全長92メートル・全高26メートル・横幅43.5メートルという世界最大の航空機「Airlander 10」がイギリス・ベッドフォードシャーの格納庫で公開された。
b0126549_11391014.jpg
飛行機と飛行船の特徴を兼ね備えた巨大な機体は3万8000m3のヘリウムガスで満たされているのだそうだ。
最高高度2万フィート(約6100メートル)・最高時速80ノット(時速148km)で連続5日間の有人飛行が可能で、積載重量は2トン。
必要な燃料は、従来の航空機のおよそ3分の1、太陽光発電パネルを取り付けることでさらにエネルギー効率を上げることも可能。
クリーンエネルギー輸送機・旅客機なのだそうだ。
英国政府、EU,それに民間資金で実現されたというこの飛行体、一体何に使うんだろう。
もともとは米国で軍事偵察用として開発された飛行船だ。
米軍がアフガン戦争時に活用しようとしたが経費が掛かりすぎる、技術的な問題もあるとのことで利用は中止、民間に払い下げられたもの。
b0126549_11524963.jpg
それにしてもなんとも卑猥な形状だ。
こんな飛行体があちこちの空を飛び回ると結構人気になるかもわからない。





[PR]
by hanaha09 | 2016-03-25 11:56 | 田舎暮らし | Comments(0)
<< 世界が先に驚いた〇〇展 名残雪 >>