ブログトップ

あるちゅはいま日記

hanaha09.exblog.jp

シジュウガラは言葉をしゃべる

b0126549_17142946.jpg
もう少し暖かくなるとシジュウガラもコガラもほかの鳥も盛んに鳴き出す。
彼らは、エサ台に置かれたヒマワリの種を順番に来ては口にはさみ、近くの木の枝までもっていく。
どこかで見張ってては一羽が餌を取って飛び去ると、次のがやってくる。
暗黙の内に順番が決まってそうで、めったに二羽が重なることはない。
重なるときにはたいていがゴジュウガラが意地悪して他を追い払う。
これがどうも覆されるような研究成果のニュースがあった。
b0126549_17225573.jpg
(「ピーツピ・ヂヂヂヂ」には反応を示したが、「ヂヂヂヂ・ピーツピ」には無反応だった。)
研究グループが、2種類の声を組み合わせた「ピーツピ・ヂヂヂヂ」を再生したところ、周囲を警戒しながら音源に近づくことが分かった。
一方、順序を入れ替えた「ヂヂヂヂ・ピーツピ」への反応はなく、語順を正確に認識し、音声の意味を読み解いていたことが明らかになったという。
ひょっとしたらエサ台にやってくる鳥たちも、「俺が先だ、お前は後だ。」「よっしゃー、わかった」なんて会話をしてるのかもわからない。
「今日のエサはまずい、前のがうまかった、まぁしょうがねーな」なんて愚痴をこぼしてるのも居るかもわからない。
ただ、いまだガラス窓に飛び込んで昇天する鳥も後を絶たない。
旨く話をして危険情報を共有しなくては...
[PR]
by hanaha09 | 2016-03-09 17:33 | 田舎暮らし | Comments(0)
<< 雪が降った またまたおキツネさま >>