ブログトップ

あるちゅはいま日記

hanaha09.exblog.jp

江戸の比丘尼

スケベはいつの世の中でもいるもんだ。
江戸は男性天国、参勤交代でやってきた田舎侍に近在からやってきた一儲け期待の男どものたまり場だ。
侍は戦もない平安な江戸ではすることもない、暇な時間と体力を持て余すこととなる。
中世の頃より、熊野権現の勧進を目的として諸国をめぐり歩く「熊野比丘尼」が登場した。
小脇に抱えた大型の文箱から取り出した絵巻物による地獄絵図・極楽絵図の「絵解」をしながら、熊野牛王符と酢貝(アワビの酢漬け)を配り、歌念仏や『浄土和讃』、世間で流行した俚謡(民謡)や小歌を歌いながら、物乞いをしたのだそうだ。
これが地獄絵図。b0126549_2117113.jpg
江戸時代には、この「絵解」はついには宗教というよりも、明らかに大道芸となった。
かつて「熊野比丘尼」であると考えられていた者たちは零落し、「歌比丘尼」と呼ばれ、びんざさらという楽器のようなものを伴奏に小歌を歌う芸能者であり、盛り場で売春を行う街娼となっていた。
ちなみに尼姿をしていると、町奉行所の管轄ではなくて、街場での凶悪現行犯以外は寺社奉行の管轄。b0126549_2136428.jpg
元々は修行者の中継地点であった「中宿」を根拠地として、求めに応じて出張、今でいうデートクラブの元祖。
そのうち、尼僧の衣裳を着た遊女である浮世比丘尼(うきよびくに)も現れた。
そして、1780年代(天明年間)以降には、これら売春婦としての「比丘尼」は廃れていったとされている。
なんだか現世のJK風俗を思わせる江戸の出来事です。
[PR]
by hanaha09 | 2016-01-31 21:39 | 田舎暮らし | Comments(0)
<< ちょんまげ 生類憐みの令 >>